ペットを悩ませる皮膚病の原因と症状

耳裏を掻きむしる犬

ペットの皮膚トラブルにはアレルギーによるもの、ストレスに起因するもの、細菌によるものがあります。
皮膚病にかかったペットを見るのは飼い主としてとても辛いものです。当人はもっと辛い思いをしています。皮膚病の原因はアレルギーや細菌です。
原因となる物質や寄生虫を寄せ付けないことで発症を防ぐことができます。サプリメントやペット薬のサポートも有効手段です。

 

皮膚炎のお薬に関してスグに確認したい方

▼皮膚炎のお薬は専門店で!安心お得のペットくすり▼

皮膚炎のお薬

皮膚炎のお薬の詳細はこちら

アトピー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎のことです。アレルゲン(抗原)が体の中に入ってくると、それらを攻撃するために免疫が過剰に反応します。
アレルゲンになるものは、食品、ノミ、ダニ、ホコリ、花粉、有機化合物、化学合成物など多岐にわたります。太陽光線アレルギーの子もいます。

症状

かゆみ、発疹、炎症、ただれなどが起きます。患部をひっかいてしまうためひどく傷つき、そこから細菌が入りそれが要因の皮膚炎を併発したり化膿をすることもあります。

治療法

まずは原因になっているアレゲンを特定しなくてはいけません。
特定を進めながら抗炎症薬、抗アレルギー薬で腫れとかゆみを抑えます。
アレルゲンがわかったらそれを取り除きます。アレルゲンに徐々に体をならして抗体を作っていく場合もあります。

膿皮症(のうひしょう)

ブドウ球菌の感染で起こります。ブドウ球菌は常在菌なので通常は悪さをしません。
しかし皮膚の細菌バランスが崩れると発症します。アレルギーやダニが原因になることもあります。

症状

発疹、発赤、脱毛、膿疱(中が膿の水疱)、かさぶた

治療法

薬品を患部に塗る、抗生物質の投薬などの治療を行います。

脱毛症

背中が痒い犬

アトピー性皮膚炎、寄生虫による皮膚炎、ホルモン異常、細菌の感染、ストレスなどが原因です。

症状

局所的脱毛、全身脱毛など、原因によって体のあちこちに症状が現れます。

治療法

抗アレルギー薬や寄生虫駆除剤、抗真菌薬などで原因になっているものを取り除いていやります。大抵の場合、治療のため患部の毛は剃ることになります。

疥癬

ヒゼンダニが寄生することで起きるためヒゼンダニ症とも呼ばれます。
ヒゼンダニは皮膚の中にもぐり込んで活動するため激しいかゆみを伴います。

症状

猛烈なかゆみ、脱毛、ひっかくことによる外傷

治療法

外用薬や内服薬で駆除します。ヒゼンダニはタオルやブラシに移っても数時間は生きています。
使用した器具からも駆除する必要があります。患部の毛は刈ることになります。

ノミ・ダニ駆除のお薬に関してスグに確認したい方

▼ノミ・ダニ駆除のお薬は専門店で!安心お得のペットくすり▼

ノミ・マダニのお薬

ノミ・ダニ駆除のお薬の詳細はこちら

マラセチア真菌症

常在菌であるマラセチア酵母菌がなんらかの原因で必要以上に増えてしまうことで起こります。
原因としては不衛生な環境、ストレス、体調不良などが考えられます。

症状

皮脂が多量に分泌され皮膚がべたつく、体臭がきつくなる、かゆみ、脱毛、フケ

治療法

マラセチア酵母菌は真菌(カビの一種)なので抗真菌剤を投与します。同時に菌と皮脂を取り除くための薬浴を行います。

皮膚病を予防するには

アレルギーの犬

皮膚病予防に大切なのは環境を衛生的に保つことと食生活の改善です。

肌を清潔に保つ

皮膚病の原因である細菌やアレルゲンを寄せ付けないため、小まめにシャンプーしましょう。
アトピー性皮膚炎も原因となる物質や寄生虫を洗い流せば症状は出ません。
ノミやダニを駆除するシャンプーは有効ですが成分のきついものもあります。

 

シャンプー後、皮膚に異常が見られるときはすぐに使用を中止してください。
効果が低くても肌に優しいものを選んで回数を増やすことをおすすめします。

生活環境を清潔に保つ

ペットのすごす部屋にダニやホコリ、花粉を残さないよう毎日の掃除を欠かさないでください。

 

ノミの駆除が目的でシャンプーをするなら、前後して寄生虫駆除の燻煙剤やスプレーでタマゴも駆除します。
ペットの体からノミがいなくなっても床に落ちているタマゴからかえったノミがまたすぐに寄生します。
ノミがタマゴからかえるのは春から初夏にかけてなので、その前にタマゴの駆除を行うと効果的です。

散歩時の注意

皮膚病の原因になるマダニは草むらや土の地面に潜んでいます。
犬を近寄らせないようにするのが一番ですが、それではアスファルトを散歩する以外になくなってしまいます。

 

ペットに服を着せるのも予防になります。散歩から帰ったら体を拭いたり、ブラッシングをしながら毛の中までチェックしてください。
ブッラシングやぬるま湯に浸した布で拭くことで被毛についた他の原因物質も取り除くことができます。

栄養バランスの取れた食事を

ペットに必要な栄養「炭水化物」「タンパク質」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」のバランスが整った食事を与えてください。
栄養の偏りは免疫力や抗酸化作用を低下させます。
これが低下すると皮膚への栄養供給と老廃物の排出が滞り皮膚病にかかりやすくなります。

サプリメントやペット薬の利用

バランスのとれた食事の補助としてサプリメントやペット薬を活用します。
特に老犬は健康な皮脂を保つのに必要な物質やビタミンなどが欠乏しがちなのでペット薬によるサポートは効果があります。

 

皮膚病の予防に特化したサプリメントやペット薬はあまり見かけませんが、免疫力を高めることで皮膚病を予防できます。
配合成分が免疫力を高めるものや腸内フローラを整えるサプリメント、ペット薬を選んでください。

口コミ評価の高い皮膚病予防サプリメント・ペット薬

愛犬と戯れる男性

皮膚のトラブル全般を予防、緩和するサプリメント・ペット薬で評価が高いのは「免疫力を高める」製品です。
免疫力をアップすることで慢性皮膚炎をの要因に対する基礎的な抵抗力を強くしていきます。

 

中でも注目されているは「アガリクス」「乳酸菌」「不飽和脂肪酸」由来のものです。
アガリクス
ブラジル原産の「ヒメマツタケ」というキノコです。
免疫力を高める“多糖類”が普通のキノコよりも量も種類も多く含まれています。

 

アガリクス由来のサプリメント使った方からは、早い段階で効果を実感できたという口コミ・評価があります。
「慢性皮膚炎のトイプードルを飼っています。
このサプリを進められたときは、ちょっと高いかなと思ったのですが、1日に換算すると100円程度。
使ってみたら数週間で効果が出ました。楽そうに眠っている姿にホッとしています」

乳酸菌

腸内細菌のバランスを保つ=腸内フローラを整えることで代謝機能と免疫力を高められます。結果、皮膚や被毛への栄養吸収もよくなり皮膚のトラブルを改善、予防できます。

 

乳酸菌配合のサプリメント常用している飼い主さんの声です。「抜け毛がひどく皮膚が露出していました。
その上をひっかいてしまうため皮膚炎を起こしていたのが、サプリを飲み始めて4ヶ月で皮膚炎は快癒して毛が生えてきました。」

不飽和脂肪酸

元気な犬

EPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)で知られる不飽和脂肪酸にはアレルギー反応から体を守る働きがあります。

 

不飽和脂肪酸を含んだサプリメントを使っている方からアレルギー性皮膚炎に効果的だとの評価がありました。
「リノレン酸とオメガ6系リノール酸配合のサプリを使っています。
ひどかったアレルギー反応がかなり穏やかになりました。医師と相談しながら今後も使っていきます」

サプリメント、ペット薬を使用するときには医師に相談を

サプリメントやペット薬には副作用がある場合考えられます。
例えばオメガ3脂肪酸にはビタミンEを減少させる作用があります。
ビタミンEが足りないと抗酸化力が下がり肌を紫外線から守る機能が低下します。

 

単体で使うときにも注意が必要なのですから、複数を組み合わせるとどんな弊害かがあるかわかりません。

 

新しくサプリメントやペット薬を使う前に獣医師に相談しましょう。
獣医師のところには薬品メーカーから多数のサンプルが届けられますから、タイミングが合えば無料で試せるかもしれません。

 

サプリメントに関してスグに確認したい方

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

サプリメント特集

健康サプリの詳細はこちらから

まとめ

散歩中の犬

ペットの皮膚トラブルは見ていてもとても辛いものです。
少しでもよくしてやるためには、食生活や生活習慣の見直しと、ペット薬、サプリメントを使って体質を改善させることが大切です。

 

しかし、皮膚病の原因は数多くあり、それによって治療法は変わってきます。
素人考えで全てを行うと間違った道を選んでしまう恐れがあります。
ペットの皮膚にトラブルが発生したときは、ひどくなる前に医師の診断を受けてください。
早い段階で治療することで期間も短くて済みます。ペットが辛い思いをする時間を少しでも短くしてください。

 

▼皮膚炎のお薬は専門店で!安心お得のペットくすり▼

皮膚炎のお薬

皮膚炎のお薬の詳細はこちら

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから

 

ペットの皮膚トラブル予防と解消には生活改善とペット薬の活用を記事一覧

関節炎は、関節部の軟骨がつぶれたり、すり減るなどしてクッションとしての役割を充分に果たせなくなることで起こる病気です。一般的には加齢と肥満、生活習慣がその原因です。ウィルスに感染したことで起こるものや、遺伝的なことが要因になって発症する場合もあります。関節炎は、足や腰はもちろん顎や指先といった関節であればどの部分にも起きる病気です。加齢による関節炎関節を構成する成分は年齢と共に減っていきます。関節...

ペットの病気に詳しくない人でもノミやダニ、寄生虫のことは知っていると思います。犬を飼っている人ならフィラリアという名前は聞いたことがあるはずです。これらは皆、ペットの皮膚や内臓器官に寄生する寄生虫です。寄生虫には、直接皮膚上に棲みついてしまうものの他、食べ物や飲み物と一緒に口にしたり、蚊など別の生き物が媒体して感染してしまうものがあります。体内に寄生する寄生虫やフィラリアは放っておけば生死に関わる...

肝臓は体内に入ってきた毒素を分解してくれます。また栄養分の吸収を助け、貯蔵し、血液の製造にも欠かせない臓器です。肝臓に異常が起きてもなかなか自覚症状が出ないため「沈黙の臓器」ともいわれます。犬や猫の肝臓も人と同じように、解毒と栄養を代謝し、胆汁をつくる化学工場のような役割を果たしています。代謝・貯蔵摂取された栄養を適切な成分に合成して貯蔵したり、分解してエネルギーとして消費できるようにします。分泌...

人でもペットでも腸内環境の乱れは体全体に及びます。身体的なことだけではなく精神面にも影響を与えることがわかってきました。腸内環境を整えることは健全な生命活動を維持するために重要なことです。腸の主な役割は、消化、吸収、合成、代謝、解毒、造血、排泄、免疫です。どれひとつ欠けても命に関わります。第二の脳体の働きは全て脳からの指令によって動いていると思われていました。しかし、最近の研究で消化器官の90%は...

「免疫」とは「疫病から免れる」という意味です。体の中に入ってきた異物や毒素を排除したり、それに対抗する抗体を生み出して病気の発症を抑えるまたは治す力のことです。免疫には「自然免疫」と「獲得免疫」の2種類があります。自然免疫(NK細胞)|マクロファージ|好中球|樹状細胞体の中をパトロールしている免疫です。異物を見つけると最初に攻撃を仕掛けるのがこの免疫です。攻撃しながら相手の情報を収集して「獲得免疫...